この記事のまとめ

  • 草野球で使える便利な野球道具とは?
  • 快適に草野球をするための商品は?
  • 休日の草野球の疲れを平日に残さない!そんな野球道具とは?

この記事では、「草野球で使えるあると便利な野球道具」について、ランキング形式で紹介します。

この記事では、グローブやバットなど、野球をする上での最低限の野球道具は紹介しません。無くても良いけど有ったら便利!という野球道具を紹介します。

意外な商品がピックアップされていますよ!ぜひ最後までご覧ください。

この記事を書いた人

草野球でおすすめの野球道具

【第5位】サングラス

草野球でおすすめの野球道具・第5位は、サングラスです。

サングラスがおすすめの理由は、有害な紫外線から眼を保護してくれるからです。

紫外線の中には、UVAという、過剰に浴びると白内障(眼が白く濁って視力が低下する病気)の原因になるとされる特に有害な紫外線があります。

若い頃に浴びたUVAが、高齢になった時に視力低下の時期を早めるということも報告されています。

いつまでも健康な眼でいられるように、草野球のプレー中はサングラスをするようにしましょう!

おすすめのサングラスは?

おすすめのサングラスは、↓のようなUVAカットのサングラスです。

市販のサングラスの中には、UVAカット効果がないサングラスも販売されています。しっかりとUVAカット効果があるサングラスを使用しましょう。

メーカーのローリングス(Rawlings)は、野球用品メーカーとして最も歴史の古い会社のため、信頼できるメーカーですよ!

いつまでも健康な眼でいられるように、屋外で運動する際はサングラスをしましょう!

【第4位】長袖アンダーシャツ

草野球でおすすめの野球道具・第5位は、長袖アンダーシャツです。長袖がポイントです。

長袖アンダーシャツがおすすめの理由は、体力の消耗を抑えてくれるからです。

パッと見は、半袖アンダーシャツの方が涼しそうですが、半袖だと日光がダイレクトに皮膚に当たり、ヤケド状態になります。皮膚がヤケド状態になると、身体が皮膚を回復しようと頑張るため、体力が奪われてしまいます。

長袖アンダーシャツだと、体力の消耗を抑えてくれるだけでなく、汗を吸収してくれる、接触プレーでのケガを軽減してくれる、など様々なメリットがあります。

実際、最近の夏の甲子園では、長袖を着用する選手が多くなっていて、真夏でも長袖を着用するメリットが認められてきています。

おすすめの長袖アンダーシャツは?

長袖が良いとはいえ、普通の長袖を夏に着ていると、暑いです。おすすめの長袖アンダーシャツは、↓のような涼しく過ごせる長袖アンダーシャツです。

このアンダーシャツには、ミズノが独自開発した新素材「DRY AEROFLOW」が採用されており、最高の通気性を備えています。大量発汗時にも空気を通すから、すぐに乾いて、いつも快適な状態を維持してくれます。

炎天下や酷暑の中のプレーも、心地よくサポートしてくれるとして、プロ野球選手の今永昇太選手(横浜DeNAベイスターズ)、高橋礼選手(福岡ソフトバンクホークス)、西川龍馬選手(広島東洋カープ)も、このアンダーシャツを着用してプレーしています(ミズノHPより)。

暑い中でも熱中症を防ぎ、快適にプレーするために、KUGEKIのようなアンダーシャツを着用するのがおすすめです!

【第3位】BCAA(分岐鎖アミノ酸)

草野球でおすすめの野球道具・第5位は、BCAA(分岐鎖アミノ酸)です。

BCAA(分岐鎖アミノ酸)とは?

  • 運動時の筋肉でエネルギー源となる必須アミノ酸である、バリン、ロイシン、イソロイシンの総称

 

BCAAがおすすめの理由は、草野球による疲労を軽減してくれるからです。

最近の研究によると、運動前や運動中にBCAAを摂取することで、疲労感が抑制されることが知られているんです。

私がBCAAを知る前は、休日の草野球の疲労感が、平日になっても重く残っていることもありました。

しかし、このBCAAを摂取するようになってからは、草野球後の疲労感がかなり軽減されることを実感しています。

おすすめのBCAA(分岐鎖アミノ酸)は?

おすすめのBCAA(分岐鎖アミノ酸)は、大塚製薬のアミノバリューです。

大塚製薬のアミノバリューは、BCAAを関与成分とする機能性表示食品として初めて消費者庁に届出を受理された、実績十分の商品です。

パウダーとペットボトルのものが販売されています。パウダーは、水に溶かせてですぐ飲めますし、家の保管スペースを大きく取らないのでオススメですよ!

【第2位】サポーター

おすすめのサポーターは?

おすすめのサポーターは、ザムストのコンプレッションスリーブです。

ザムストのコンプレッションスリーブがおすすめな理由は、体温コントロール機能やUVカット、抗菌・防臭機能など、スポーツ中の着用に特化した機能を備えているからです。

ザムストのコンプレッションスリーブを着用することで、練習や試合中のパフォーマンスを高めてくれるだけでなく、翌日の筋肉の疲労感を抑制してくれます!

【第1位】バッティンググローブ

草野球でおすすめの野球道具・第1位は、バッティンググローブです。バットを握るときに付ける手袋ですね。

もちろん素手でバットを握ってもルール的には問題ありません。しかし、特に初心者さんの場合、素手でバットを振ると、手に血豆ができる恐れがあります。自分も手袋なしでバットを振って血豆を作ってしまい、週明けの仕事に影響が出ました(涙)

平日にお仕事をしながら、趣味で草野球をしている方も多いと思います。趣味が仕事に影響するのは避けたいですよね。

「すでに血豆ができている」という方も、これからバッティンググローブをつけることで、血豆の悪化を防ぐことができますよ!

血豆を作らないように(悪化させないために)、バットを振る際はバッティンググローブを付けるようにしましょう!

おすすめのバッティンググローブは?

おすすめのバッティンググローブは、↓のような走塁兼用のバッティンググローブです。

asics(アシックス) 野球 GOLDSTAGE GEL バッティンググローブ 手袋 走塁兼用 高校野球対応 3121B088
created by Rinker

「なぜ走塁兼用?」というと、走塁時のケガの可能性を低くできるからです。

野球では走者になってベースに着こうとする際、状況によって、スライディングをする必要があります。スライディングして手を地面についたとき、相手チームの選手に手を踏まれてしまうこともあります。特に、ギリギリのタイミングだと、守備側チームのメンバーもボールを見るので精一杯ですからね。

刃の付いたスパイクを履いた相手の足で、自分の素手の手を踏まれたら、、と考えると恐ろしいですよね。

こういった思いがけないケガを防ぐためにも、走塁時にも手袋を付けるのがおすすめです。なので、バッティンググローブを走塁兼用のものにしておくと、走塁時にも使えてとても便利です!

まとめ

以上、草野球で使えるおすすめ野球道具ベスト5を紹介しました。

草野球で使えるオススメ野球道具トップ5
  1. 【第5位】サングラス
  2. 【第4位】長袖アンダーシャツ
  3. 【第3位】BCAA(分岐鎖アミノ酸)
  4. 【第2位】サポーター
  5. 【第1位】バッティンググローブ

休日の趣味の草野球が、平日の仕事に悪影響を与えたり、将来の健康を害することがないよう、しっかりと対策するのがおすすめです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

おすすめの記事